フォレスター 下取り 安い

フォレスターの下取りが安いって本当?車の買取を実際にやってみた
MENU

車体に撥水やクリア塗装など、なんらかのコーティングが施されている場合、コーティング車専用のものを選んでください。この商品にはコンパウンドが含まれておらず、コーティング成分を溶かさないように洗剤も弱めにできています。濃色の車にも使えますので、メタリックカラーやダークカラーの車にも安心です。

 

しかし洗浄力が弱いので、あまり洗車をしないという方には不向き。こまめに洗車して、なおかつワックス仕上げなどを行うという場合に適しています。
汚れの種類から、洗浄成分を選ぶカーシャンプーにも、アルカリ性・中性・酸性のものがあります。

 

アルカリ性のカーシャンプーは油分を溶かす力が強く、マフラー周りや足周り、ドアヒンジなど、油分を多く含んだ汚れを落とすのに効果的です。アルカリ性よりもさらに効果の高いのが酸性で、頑固汚れにぴったり。しかしアルカリ性も酸性も、ボディのコーティング塗膜を溶かす効果も強くなるので、使用する際は注意が必要です。

 

一方、中性のカーシャンプーは塗装を剥がすリスクが低いのが魅力。軽い汚れに最適で、市販のカーシャンプーのほとんどは中性になっています。ただしいずれのカーシャンプーも、洗い残した成分がシミの原因になってしまうこともあるので、しっかりと水で洗い流すことが大切です。
良く泡立ち、しっかり洗い流せることを確認

 

カーシャンプーは、泡立ちの良さと泡切れの良さも重要です。良く泡立つものはきめの細かな泡で洗車できるので、ボディにキズをつける心配も少なくなります。泡は汚れを浮かせやすくして、スポンジと車体の摩擦を軽減する効果もあるので、キズをつけずに洗車する上では欠かせません。

 

あまり泡立たないものや、泡立ちの不十分なもので洗車するとキズを作ってしまうため、十分泡立ててからご使用ください。また、泡切れの悪いカーシャンプーは洗い残しの原因になりやすく、大切な車にシミを作ってしまいかねません。洗車後にボディを拭く手間も少なくなるので、泡切れが良いかどうかも忘れず確認しましょう。
使用頻度にあわせて、原液タイプと希釈タイプから選ぶ

 

 

洗車の頻度は人それぞれですが、まめに洗車する方にとってはコスパも気になるところですよね。洗車頻度の多い方は、希釈できるタイプを選ぶのがおすすめです。希釈タイプは水で薄めて使うので、ボトル1本で数回〜数十回の使用が可能です。

 

水で薄める手間が面倒という方や、洗車の頻度が低い方は、希釈せずにそのまま使える原液タイプでももちろん問題ありません。自分の洗車の頻度から、ぴったりな方を選んでみてください。

このページの先頭へ